海外では飲むだけで痩せられる「ダイエット薬」がある!

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

ダイエットを始めようと考えた時に、あなたは最初に何を試しますか?

多くの人がジムなどに入会して運動を取り入れたり、炭水化物抜きなどの食事制限を試みたりするのではないでしょうか。
でも、努力に見合う結果が出ず、挫折してしまったり、最悪リバウンドしてしまったり…。そんな経験をもつ人も少なくないと思います。私もその経験者の1人で、何度も悔しい思いを繰り返してきました。挙句の果てには、周りの人から「痩せる気あるの?(笑)」なんて言われるようになりました…(苦笑)。

 

でも、そんな悔しい思いをしてきた人に朗報です!
海外には、飲むだけで痩せられる「薬」が存在するのです。

 

海外では近年、肥満が社会問題となり、太っているだけで、能力があっても自己管理ができないと判断され、仕事で不利になる場合が多々あるのです。そのため、海外では肥満治療の目的で、多くのダイエット薬が開発されています。その種類は豊富で、食欲を抑制するものや脂肪の吸収を抑えるものなどさまざま。

 

そして、そんなダイエット用の薬が、実は日本でも手に入るのです!
海外で肥満治療のため開発されたものなのでダイエット効果は抜群。ただ、やはり医薬品なので副作用が起こるとか起こらないとか…。また、日本で手に入れる場合は個人輸入になるのだとか…。
というわけで、今回はそんなダイエット用の薬に関して、詳しく調べていこうと思います。

「ダイエット薬」と「ダイエットサプリメント」との違いとは?

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

日本で市販されているものに「ダイエットサプリメント」があります。見た目も薬と似ているし、サプリという名前から薬のようなものと認識している人も多くいるのではないでしょうか。それに痩せることを目的としている点も考えると、そこまで違いがないように感じますよね。

 

でも、ダイエット用の薬とダイエットサプリメントは、全く違うものなのです。
なぜかというと、薬は「医薬品」のことを指し、ダイエットサプリメントは「食品」のことを言うからです。
食品とは言っても、スーパーに売っているような一般的な食べ物ではなく、栄養を補給するため、または普通の食品よりも健康に良いとされている「健康補助食品」や「栄養補助食品」のことです。ただ、ダイエットサプリメントは、医薬品のように疾病の治療効果や効能を記載したり、語ることはできないのです。
ていうことは…そうなんです。
どちらに効果が期待できるかといえば、圧倒的に医薬品なのです。
また、ダイエットサプリとダイエット用の薬の金額を比較すると、断然ダイエット用の薬のほうが金額が高いという特徴が挙げられます。

 

こんな話を聞くと、誰もがダイエット用の薬を使いたいと思いますよね。
でも、ダイエット用の薬をいざ使おうと思った時、悩ましい点が2つあります。
それは、副作用と購入方法
日本でこのようなダイエット用の薬は、限られたクリニックや個人輸入で購入するしか手がありません。海外では医薬品と認められ、多くの病院で処方されていますし、簡単に手に入るのですが…。そのため、海外で活用している人は多くいますし、需要の高いものになっているわけです。

 

でも、海外では肥満の治療薬として認められ需要が高いのに、日本ではなぜ取扱いが少ないのでしょうか?
それは、日本の薬事法は海外と比べ厳しく、海外のダイエット薬がなかなか承認がおりないからです。なので、どんなに効果があると言われていても、日本では簡単に手にすることが難しいのです。
ただ、やっぱり海外では認められているダイエット薬、かなりの効果はあります。その証拠に、有名なモデルやハリウッド女優が体型維持のために活用していますし、病院でも多くの肥満患者さんを救ってきています。それに、日本でも注目されているからこそ、美容クリニックや肥満外来などでは取り扱われているのです。

ダイエット用の「薬」はどうやって手に入れる?

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

では、ダイエット用の薬はどうしたら手に入れられるのでしょうか?

ここでは、ダイエット用の薬の「購入方法」に関して調べてみました。

 

前の項目で少し書きましたが、日本で購入するには、美容クリニックや肥満外来に受診する必要があります。肥満外来の場合、日本で承認されているダイエット薬であれば、治療の一環で処方されることがあります。その時は保険適応になるので、定価より安く手にすることができます。ただ、肥満外来でダイエット薬を処方される対象は、BMI値35以上(例:160pで90s)あるような、本当に太っている人が対象です。それ以外では、なかなか処方されにくいのです。
処方されない人は、美容クリニックなどで定価購入しなければなりません。しかし、さすがの医薬品…値段が高いのが問題です。

 

もう1つの購入方法が個人輸入です。
ちょっと怖いと思った人もいるかもれませんが、最近では世界各国の医薬品を代行で個人輸入した通販サイトなどもあります。そのような業者は、個人輸入する医薬品を専門機関で成分鑑定を行っていたり、商品の発送状況を確認できるような機能を設けていたり安心できるサービスが整っています。
しかも、嬉しいのは金額が、日本で定価購入するよりも3割ほど安く手に入る点です。楽天やAmazonのような有名な通販では販売していませんが、買い方はほとんど変わりません。

 

ここまで読んで、ダイエット薬の通販サイトを覗いた人も何人かいるのではないでしょうか。何人かは、種類が多すぎてどれ買えばいいか分からない…。となったことでしょう。そこで、ダイエット成功者が多く、世界で効果が高いと評判になっているダイエット薬を次の項目から紹介しますね。

ゼニカルは世界中で愛用されているダイエット薬!

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

『ゼニカル』って聞いたことあります?

このキーワード。じつはダイエッターの中ではかなりメジャーで、世界中で注目を集めているようです。

 

ダイエット薬という呼び方がふさわしいか分かりませんが、このゼニカルは世界17カ国で利用されている「肥満治療薬」です。ゼニガルを販売している会社は、スイスのバーゼルに本拠地を置くロシュグループ。世界150カ国以上でヘルスケア関連のビジネスを展開しています。「医薬品」と「診断薬」の2事業を軸に、様々な薬剤や検査機器などを開発し、世界最大といわれています。
そんなロシェから販売されているゼニカルは、世界17カ国で肥満治療薬として取り扱われていて、多くの肥満患者さんの治療に活用されているのです。

 

このゼニカルの特徴を簡単に言ってしまえば、食事に含まれている脂質の吸収を大幅にカットする力があるところ。ということは、この薬さえあれば、ダイエットのために厳しい食事制限や運動を行う必要がなく効果的に痩せられるのです。しかも、ダイエットの天敵である、リバウンドも防ぐこともできます。更に言えば副作用もありません。

 

太っている人からしたら魔法のようなダイエット薬、ゼニカル。
現在は、主に海外の病院で治療に活用され、多くの肥満患者を救っています。海外に旅行に行くと病気レベルに太っている人って結構いますよね(苦笑)。日本ではまだまだなじみがありませんが、肥満患者に薬を処方して体重の減少を計るというのは、もはや海外では当たり前の光景なのです。

 

では、ゼニカルを取り巻く日本の実情といえば…。
残念ながら日本では、全ての病院で取り扱われているわけではなく、美容クリニックや肥満外来でのみ販売されているダイエット薬のようです。なので、前の項目で説明したように、高い金額で購入するか、海外から個人輸入するしかないというのが実情のようです。

ダイエット薬ゼニカルに含まれている成分と効果とは?

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

ここからは、ゼニガルのダイエット効果について探っていこうと思います。

ゼニカルのダイエット効果は、アメリカの治験で検証されました。
その効果は、なんと1年間ゼニカルを服用することにより、87%の人に減量効果が認められたといいます! そのうちの60%は5%の減量、27%は10%の減量に成功。ちなみに、ゼニカルを飲みながら少しの運動をプラスしていた人は、平均して5.7sの減量に成功したんだそうです。しかも、飲み始め2週間以内でほとんどの人が痩せてきたのを実感できたそうです。
こんなデータを聞くと、ますます興味が湧いてきますよね(笑)。

 

ゼニカルのダイエット効果の仕組みには、ゼニカルがもっている食事の脂質をカットする力にあります。
通常、食事を行うと、体内に入ってきた油分や脂肪分はリパーゼという消化酵素によって分解されます。そして分解されると中性脂肪となり腸内で吸収され、血液にのって体内を巡ります。血液内を流れる中性脂肪は、内臓や筋肉などの活動エネルギーとし活用されるのですが、余ってしまったぶんはそのまま体のあらゆるところに蓄積されていきます。そうして溜まったのが、内臓脂肪や皮下脂肪なのです。
しかも、一度体についてしまった脂肪は、再度活用できるエネルギーに変換することはとても難しく、年を取るとともにそのパワーはどんどん衰えます。

 

そしてこのリパーゼが脂分や脂肪分を分解しなければ、中性脂肪は作られません。分解されなかった油分や脂肪分はそのまま体につくことなく体外に排出されていくのです。
ここでゼニカルが大活躍するのです。
ゼニカルは、脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制・阻害する働きを持っています。しかも、その効果は摂取したものの脂肪分を最大30%も“なかったこと”にできるのです。
ちなみにゼニカルというのは薬の名前で、リパーゼの機能を抑制・阻害する主要成分は、オルリスタットといいます。オルリスタット以外のゼニカルのダイエット成分については、以下に分かりやすくまとめておきます。

 

成分 効果
オルリスタット

主要成分。
脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑制・阻害する働きをもつ。
摂取した脂肪分を最大30%カットすることが可能。

マイクロクリスタルライン・セルロース

食物繊維であるセルロースを小さく加工したもの。
腸内の老廃物などを吸着し、排出させ便秘改善を行う。

タルク

滑石(カッセキ)という鉱物を微粉砕した無機粉末。
利尿・消炎・抗菌・止渇作用に優れ、漢方薬にも使われている。

 

ちなみにゼニカルのカプセルは、タンパク質を含んでいるゼラチンや青色の着色料であるイソジゴカルシン、チタニュームダイクサイドが使用されています。どれも体に害のない安全なもののようで、安心して服用することができるようです。

ダイエットに効果的なゼニカルの飲み方とは?

さて、そんなダイエット効果抜群のゼニカルですが、どんな飲み方が効果的なのでしょうか?
ゼニカルの飲み方はとてもシンプルで、飲み方や容量がしっかりと決まっています。やはりお薬だからでしょうか、医薬品になるのでルールをしっかり守らねばなりません。自己流で飲んで、ダイエット効果が半減させてしまうともったいないですからね。
では、ゼニカルの正しい飲み方を紹介していきますね。

 

@食中〜食後1時間以内に服用(水で飲むのが好ましい)
食べ物が胃に運ばれると、脂肪分解酵素リパーゼの働きが活発になります。そのため、食前の早い段階で飲んでしまうと、リパーゼの活動がまだ活発でない時にゼニカルのカプセルが溶け出してしまいます。これでは効果が半減してしまうので、必ず食中から食後1時間以内の時に服用しましょう。

 

A1日3錠まで。1度に2錠の服用は禁止
1回で飲んでいいのは1錠になっています。飲み忘れたからといって、まとめて2錠飲んではいけません。量を倍にしたからといって、効果が上がるわけではありません。

 

B低カロリー・脂質の少ない食事の場合は飲まない
ゼニカルは、食事の脂質の吸収を抑えるものになっています。脂質の少ない食事時に活用してもあまり効果がありません。また、脂質にはビタミン群が含まれていて、健康を保つのに必要な成分でもあります。脂質を削り過ぎて、脂溶性ビタミンが不足すると、肌や髪、目の乾燥を招いてしまうので注意してください。

 

C一緒に飲んではいけない薬があります
抗血栓薬、抗てんかん薬、甲状腺治療薬との併用はNGです。これらの薬を飲んでいる人は、ゼニカルを飲む前にお医者さんに相談する必要があります。また、主成分であるオリルスタットは1〜2時間で作用の半減期がきます。ビタミン剤などと併用するときは、ビタミン剤の吸収率が落ちてしま歌め、半減期を過ぎてから飲む必要があります。

 

D飲んではいけない人がいます
妊娠または授乳中の人、栄養失調、摂食障害、肝臓や腎臓に疾患を持っている人などはゼニカルを服用できません。また、持病のある人も必ず医師に相談する必要があります。

 

やはりダイエットサプリとは違い、ゼニカルは本来、病院で処方されるお薬です。
上記のルールは守って、健康にそして効果的なダイエットを行ってくださいね!

ダイエット薬ゼニカルに副作用ってあるの?

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

さて、こんなにも絶大な効果があるゼニカルですが、果たして副作用のほうは大丈夫なのでしょうか?

ゼニカルは、海外でも医療品として取り扱われ、日本では美容クリニックや肥満外来で販売されている安全な薬です。まれに、肥満治療薬の中には、中枢神経系に作用し、脳に満腹感を感じさせ、食欲を抑制させるものがあります。そのような薬は、薬事法で劇薬に分類されるものもあるので注意が必要です。

 

そんな中、ゼニカルの主成分であるオルリスタットは、合法的に個人輸入できる医療品です。しかも唯一、中枢神経系に作用せずにダイエット行える肥満治療薬になっています。だたし、ゼニカルの脂質の分解を抑制・阻害する作用により、体の変化が起こる場合もあるようなので、ここでは念のため紹介しておきます。

 

@下痢
飲み始めて3カ月以内に起こりやすい症状です。早い人は、1週間ほどでおさまりますが、長い場合1カ月〜数週間続く場合があります。
それは、ゼニカルの脂質吸収の抑制効果により起こるのですが、普段なら吸収されていた脂質が体外に排出されます。脂質は油なので、色は黒や茶色なのですが、そのまま便と一緒に排泄されます。出てきたときは、その黒い油にびっくりするかもしれませんが、異常ではないので安心してください。むしろ効果が出ている証拠です。匂いもほとんどありません。
ただ、悩む人がいるかもしれませんので、覚えておくといい点を2つ上げておきます。

 

1つ目は、ゼニカルによりできる油は、便意がなくても出てきてしまうという点。なので、下着が汚れてしまったり、お尻のあたりが不快で過ごしにくいと感じる人もいるかもしれません。そんな人は、生理用のナプキンを当てておくことがオススメです。

 

2つ目は、排便時に出てくる油でトイレを汚してしまう点。油は便器につくと、水を流しただけでは落ちません。そのような状況を避けるため、トイレットペーパーを便器に敷いておくことと良いでしょう。便器を汚してしまい汚れが落ちない時は、台所用洗剤を使用するとキレイにおちるようです。

 

A脂質性ビタミン不足
ゼニカルの飲み方の説明でも少しふれましたが、脂質にはビタミンも含まれています。脂質性ビタミンには、A・D・E・Kがあり、不足してしまうと肌が乾燥したり、目の疾患を引き起こすことがあります。そのため、不足分をビタミン剤などで補うように工夫しましょう。
繰り返しになりますが、ゼニカルの主成分のオルリスタットは1〜2時間で作用の半減期がきます。半減期の間にビタミン剤を飲んでしまうと、吸収率が下がってしまうので、それ以外の時間を見計らって上手に飲んでくださいね。

ゼニカルを服用した人の口コミを調べてみました!

それでは、すでにゼニカルを服用している人たちはどんな感想を持っているのかみていきましょう。さすがに大手のダイエット薬です。検索すると、様々な口コミが存在します。ここでは、その一部を紹介していきます。

 

ゼニカルの良い口コミ@
個人輸入でも安心のサイトが充実しています。
ゼニカルの評判を聞き美容クリニックで購入を試みましたが、1カ月で15,000円と高額。諦めて通販で購入すると、なんと半額の7,800円で買うことができました。しかも1カ月で5sも痩せられたし、本物に間違いありません!安いし文句なしです。

 

ゼニカルの良い口コミA
やっぱり世界の認める肥満治療薬。効果がハンパないです!
痩せると評判になったダイエットサプリは、全てと言ってもいいほど試しました。でも、ほぼ効果はなし…。でもゼニカルだけは違いました。たった3週間で4sも痩せられたのです。体脂肪も5%落ちて、体重計を見るたびにニンマリしています。

 

ゼニカルの良い口コミB
もう食事での苦痛を感じることはありません!
ダイエットで苦しんでいた食生活の悩みを解消してくれました。唐揚げにてんぷら、脂っぽいものは何を食べても太らなくなったのです。でも、食べ過ぎたら意味がないので、そこはちゃんと守っていますよ。おかげで1カ月後には5s痩せるのに成功しました。

 

ゼニカルの悪い口コミ@
脂の吸収率の高さには驚きです。
ゼニカルを飲み始めたら、水のような便が出始めます。最初だけならいいのですが、ゼニカルを飲んでいる間はずっと…。気がつかない時に出ていることもあるので、用心しないと外で痛い目みます。痩せるから我慢するけど、ちょっとつらいです(涙)

 

ゼニカルの悪い口コミA
なくなってすぐに補充できないのが困ります。
病院で買うと10,000円以上するから、個人輸入するしかないです。でも、買い置きを忘れたら、到着するまでに時間がかかるしそれがネックです。日本でも安く買えるようになったらいいのに。無理ですよね…。

ゼニカルと同じくらい効果がある商品はコレ!

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

さて、ここまでゼニカルの効果について色々と紹介してきましたが、やはり購入方法と金額がネックですよね…。ゼニカルだけでも許可が下りればいいのに…と本気で思ったりもします。でも、そんな都合のいいことはありませんよね。

 

う〜ん。ゼニカルは諦めなければならないのか…。
そう嘆いているあなた、ご安心ください!
日本でもゼニカルに負けず劣らず、ダイエット効果が高い商品が存在するのです。
しかもそれは病院で診察を受けなくても、購入することができます。

 

それが、ここから紹介する『シボヘール』(株式会社ハーブ健康本社)です!

 

シボヘールは、肥満気味の方の体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすことができるダイエットサプリメントとして発売されました。まだ、発売されてそんなに時間が経っていないにも関わらず、その効果を高く評価する人がたくさんいるからビックリです! しかもシボヘールは、臨床試験でその効果が検証され、機能性表示食品に認定された商品です。

 

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

というわけで、シボヘールの何がそんなにスゴイのかを簡単に説明していきます。

その秘密は、シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」にあるようです。

 

この「葛の花由来イソフラボン」は、マメ科の植物である葛の花から抽出されたもの。葛(くず)は、古くから漢方や食用で取り扱われ、お正月の七草のひとつとしても有名です。根を乾燥させて作られる漢方は、葛根(かっこん)と呼ばれ、日本薬局方に登録されている生薬。これらは、発汗・鎮痛作用があって、病院でも処方される薬にもなっているのです。

 

そんな葛の花部分に含まれる「葛の花由来イソフラボン」は、今まで溜まっていた内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させ、余ってしまったエネルギーが脂肪として蓄積するのを防ぐことができるという効果を持っています。
さらに、もう一点「葛の花由来イソフラボン」のスゴい所は、従来のダイエットサプリでは、数種類のサプリメント飲まなければ痩せることが難しかった様々な成分を、「葛の花由来イソフラボン」は、たったそれだけで補ってくれるところ。これはある意味、ダイエット業界では大事件で、大発見とも言える大きな出来事だったのです。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/

ダイエット薬にも負けないシボヘールは体重・お腹の脂肪・ウエストの3点に効きます!

シボヘールは、大きく体の3つの部分に対して効果があります。

 

一つ目は、肥満気味の人への体重減少の効果。
二つ目は、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)への効果。
三つ目は、ウエスト周囲径への効果。

 

シボヘールは、この3点全てに効果のあるダイエットサプリです。

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

さらにシボヘールの優秀な点は、すでについてしまっている中性脂肪と、今からつく可能性のある中性脂肪の両方に効果があることです。臨床試験で12週間服用し続けた対象者は、摂取していない人と比較して、腹部の脂肪:平均-20p2(内臓脂肪8p2、皮下脂肪13p2)、ウエスト:平均-9p2、体重:平均-1.2sという結果を残しているのです。

 

皮下脂肪や内臓脂肪は、9割近くが中性脂肪からできています。とくに皮下脂肪に関しては、徐々に蓄積されていくものなので、落とすのに時間がかかります。皮下脂肪は、体温を保ち、女性の美しい曲線を作りだしている脂肪ですが、つき過ぎるとセルライトの原因となり、だらしない体を生み出します。さらに年齢を追うごとに、脂肪を燃焼、分解する力はどんどん低下していき、昔と変わらない生活をしていても、なぜか太ってしまうのです。思い当たるフシのある方もいるのではないでしょうか?

 

そんな悩みに効果的なのが、シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」なのです。今ついている脂肪を分解し、再度エネルギーにする力、分解された脂肪を燃焼することができる褐色脂肪細胞の力を高める能力を持っています。さらに、肥満の原因である中性脂肪が作られるのを抑制することも可能です。
これらの効果は全て臨床実験で検証され、国に認められているので、機能性表示食品として扱われています。原材料のマメ科の植物である葛は、花の部分だけではなく、根の部分は漢方として医療薬にも使われていて、私たちの体のあらゆる面に効果がある植物と期待されているのです。

 

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

 

「葛の花由来のイソフラボン」が、今と未来の脂肪を撃退!

「葛の花由来のイソフラボン」は、今まで溜まっていた内臓脂肪や皮下脂肪を燃焼させ、余ってしまったエネルギーが脂肪として蓄積するのを防ぐことができるのですが、一体どのような仕組みでその効果が生まれているのでしょうか。
ここでは、「葛の花由来イソフラボン」の3つの脂肪撃退メカニズムを解説していきますね。

 

@中性脂肪が作られるのをブロック!
脂質が分解されることでできあがる中性脂肪は、小腸で吸収されて血液内を流れはじめます。しかし、エネルギーとして活用されればいいのですが、余ってしまったぶんは体に蓄積されてしまうのです。そんな時「葛の花イソフラボン」は、肝臓で行われている中性脂肪の合成を抑制してくれます。そして、中性脂肪に変わることのなかった脂質は、そのまま体の外へと排出されて行くのです。

 

A体についてしまった脂肪を分解!
「葛の花由来イソフラボン」は、一度体についてしまった体脂肪を再度エネルギーとして活用できる成分に分解する働きを持っています。体脂肪は、脂肪酸へと分解されることで、また体の消費エネルギーとして活用できる状態になります。年齢が高くなると、この分解作業の効率が下がってしまうので、太りやすくなる人も多いようです。

 

B脂肪燃焼を促進!
体についた脂肪が脂肪酸に分解されると、また消費エネルギーとして使える状態になります。そんな脂肪酸は褐色脂肪細胞によって燃焼されるのですが、ここで「葛の花由来イソフラボン」が大活躍します。衰えてしまっている褐色脂肪細胞を促し、脂肪酸の燃焼パワーを高めることができるのです。

 

シボヘールは、これら3つの力が揃ったことで、臨床試験で素晴らしい結果を残しました。シボヘールを12週間摂取した人は、摂取していない人と比較して、お腹周りの脂肪が平均20p2減しているというデータもあります。さらには、当然ウエストや体重までも一緒に減少させることに成功しているのです。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/

 

ダイエット薬にも負けないシボヘールは「機能性表示食品」にも認定されています!

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

ところで、先ほども出てきた「機能性表示食品」というキーワード。

皆さんはこの言葉を聞いたことがありますか?
「機能性表示食品」とは、健康の維持及び増進に役立つなど、食品の機能性を表示することを許された食品。つまり、商品を開発した企業が、その商品を販売するにあたり様々な臨床試験を行い、その効果についてちゃんとした科学的根拠を国に届けて、認められた商品のことなのです。
こうした国が認めた商品であることをしっかり謳ってもよくなったのは、平成27年4月までは国が個別に許可した特定保健用食品、または国の規格基準に適応した栄養機能食品のみでした。しかし、「機能性表示食品」というカテゴリーができたことで、我々消費者がより正確な商品情報を知ることができるようになったのです。

 

そんな「機能性表示食品」の商品パッケージには、機能性に加え、1日の摂取目安量、摂取方法、目安量を摂取した場合にどれくらの機能性関与成分を摂ることができるのかなど、重要な情報が記載されています。以前は効果に関して曖昧で、過大評価されていたものが多く存在していたサプリメント業界ですが、この「機能性表示食品」の表示ができたことによって、我々消費者は正確な判断基準ができたのです。

 

もちろん、シボヘールも「機能性表示食品」の1つです。ということは、国からお墨つきをもらった商品ということ。これは確かに効果が期待できますよね。

 

でもまだまだ信用できない人も多くいるはずです(笑)。
というわけで、次からはシボヘールを実際に使ってみた体験談を紹介していきますね。

 

ダイエット薬にも負けないシボヘールは本当に効くの? 早速、試してみました!

OLを辞めて海外に留学している友人が久しぶりに帰国したので、食事の約束をしたところ、ビックリ! だってそれまで見たことないくらい(推定10キロ減)、痩せていたからです!

 

彼女に聞いてみると、海外ではダイエット用の薬があるんだとか…。お医者さんに行けば、簡単に処方してくれるらしく、そのダイエット用の薬を飲みながらラクラク痩せたんだそうです。

 

正直、ムカつきました(怒)。

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

だってこっちは痩せるために色々な努力をしていますからネ!(涙)

ジムの会員になっていますし(最近はあまり行けていない…)、ホットヨガだってたまに行きます(ごくごくたまに)。あと流行りの糖質OFFダイエットもやりましたし(結果、挫折しましたが…)、エステだって行きます(最近、金欠ですが…)。
要は、結果がついてきていないだけで、いろいろとチャレンジしているわけです。お金もそこそこ投資していますし。
それをなんだか訳のわからないダイエット用の薬で痩せたんですって!
くやしーぃ!!(涙)

 

彼女に聞くと、それは「ゼニカル」という薬で、副作用もなかったそうです。
で、早速、自宅に帰って検索してみたところ、これが使えない…。日本で手にいれようと思ったら、個人輸入するのが現実的みたいです。でも、私、英語苦手なんです…。以前、海外のサイトでアクセサリーを買った時も、注文していない商品が届いたのですが、結局、泣き寝入りでした…(涙)。

 

そんな諦めていた時に、ゼニカルというキーワードでぼーっと検索していると、日本製のダイエットサプリにも似たような強力な品があるといいます!
それが「シボヘール」との出会いでした。

 

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

さて、その効果はというと…。

効果を実感したのは、6週目に入ってからです。それまでは本当に痩せるのか疑心暗鬼でした。でも、我慢した甲斐もあってか、6週目になって、まずお腹のポッコリが減ってきたのです! 体重は1.4キロほどしか落ちていなかったのですが、ウエストは2センチも細くなっています。

 

さらに飲み続けること12週間…。
友人の10キロとはいきませんが、体重はなんと、4.3キロ減です!
しかもウエストは-5センチ!!!

 

これ、どういうことかわかります?
とくに運動をしたわけではありませんし、厳しい食事制限もしていないのです。確かに後半は体重が減ったのが嬉しくって、食べるものに気をつけたり、ちょっとウォーキングを始めたりしました(笑)。でも、これまでダイエットに失敗し続けてきた私にとって、これは画期的以外の何物でもありません。

 

あまりにも効果があるんで、シボヘールのサイトを見に行くと、なんと姉妹品(?)のシボガードとの併用もオススメしています。早速購入して、今週から食前に取り入れてるのは言うまでもありません(笑)。
やっとダイエットの神様が、私に微笑んでくれた気がしま〜す!

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/

 

より効果を上げるシボヘールの正しい飲み方とは?

シボヘールの飲み方は、とても簡単です。
1回に4錠をぬるま湯かお水と一緒に飲むだけで良いのですが、タイミングや飲む錠剤の数を調整すれば、もっと効果が上がるかもしれないと期待する人も多いはず。
ここでは、より中性脂肪の燃焼が効果的に行える飲み方を調べてみました。
そのためにはまず、公式ホームページに掲載されている、シボヘールの腹部脂肪・ウエスト・体重の減少値を示す臨床結果のグラフに注目してください。

 

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

 

シボヘールを飲み始めて大体4週間では、そこまでの大幅な減少は見られません。
しかし、8〜12週目にさしかかると、一気に落ちてきている方が多いことがわかります。しかも、お腹の脂肪に関しては、8周目を過ぎたあたりの早い段階でぐっと下がっています。
このデータからわかるのは、シボヘールは長期間服用することで効果が発揮できるダイエットサプリだということです。
私の場合は、普段の食生活を変えることなく飲んでいたのですが、6週目くらいにはウエスト周りのはった感じはまったくなくなり、太ももなどの一番気になっていた部分が細くなっていくのも実感できました。下半身太り型だったのですが、中性脂肪が溜まり太っていたようです。

 

ダイエット,薬,効く,買う,口コミ,成分,個人

その他、飲むタイミングや量に関してのアドバイスですが、シボヘールは飲むタイミングよりも、忘れずに飲み続けることが重要です。シボヘールの効果は何度も説明しているように、脂肪の合成を阻害、脂肪の分解を促進、脂肪燃焼の促進です。脂肪の合成の阻害に関しては、摂取した脂肪に対して、毎回即効性で働いてくれます。しかし、脂肪の分解と脂肪燃焼は、分解→燃焼の流れで促進されなければ、なかなか効果が感じにくいものです。そのため、継続的に摂取することで、この流れを止めずに続けることができるかがキーになってくるのです。

ですので、朝起きた時や食事前など、自分が忘れずに飲めるタイミングで摂取することが好ましいと思います。臨床試験では、一度に4錠全部飲むことで、中性脂肪を減らすことができるという機能性が検証されています。複数回にわけるのではなく、一気に飲んでしまうのが良いようです。

 

あと、食品ですので多く飲んでも問題はないのですが、やはり過剰に飲んだからといって効果が高まることはないようです。副作用はないにせよ、適量は守ってください。気長に効果を待てば、必ず中性脂肪は減りますから。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/

 

ダイエット薬にも負けないシボヘールの副作用について調べてみました!

シボヘールに含まれている「葛の花由来イソフラボン」については、他の項目で紹介してきました。でもその他の成分はどんなものが入っているの?副作用とはないの?
そんな心配をされている人もいるかもしれませんので、ここではシボヘールの全成分の安全性を確認していくことにします。

 

シボヘールの成分@:還元パラチノース
砂糖のような甘さをもつ成分で、カロリーは砂糖の半分しかありません。甘いのですが、虫歯なることがないのが特徴です。ガムや飴玉などにも使われていて、噛む砕くタイプの錠剤が飲みやすいように使われていることがよくあります。様々な食品に活用されていて、安心できる成分です。

 

シボヘールの成分A:セルロース
食物繊維でできていて、食べたとしてもそのまま体外に排出されます。サプリメントの形状を保つのに使われる成分です。

 

シボヘールの成分B:ショ糖脂肪酸エステル
サプリメントに粘りを出すことで、固まりやすくするのによく使用されます。様々な錠剤でも活用されているので問題はありません。

 

シボヘールの成分C:二酸化ケイ素
サプリメントのカプセルなど錠剤のコーディングに活用されています。病院で処方される薬にも使われていて、薬の成分を保護する役割があります。毒素試験も行われていて、FAO/WHOという添加物などの安全性評価を行う会議でも、認められています。

 

このように、シボヘールに入っている成分はほとんどが他の食品や薬などでも活用されていて、安心して飲めるもので構成されています。ただ、シボヘールの公式サイトにも書かれていますが、いくら健康によい物でも過剰摂取はオススメされていません。1日4粒で機能を発揮できる仕様になっているので、規定量を守ることが大事なようです。また、妊娠中・授乳中の方を対象に開発されて商品ではないため、こうした人はかかりつけ医に相談する必要があるようです。
シボヘールは副作用の心配のないサプリメントですが、使用方法は必ず守って活用してくださいね。

 

ダイエット薬にも負けないシボヘールは自社サイトでしか購入できません!

シボへールはサイトでのみ購入ができるダイエットサプリメントです。
そこで公式サイトを覗いて見ると、どうやら「らくらく定期便」というプランがオススメのようです。この「らくらく定期便」、珍しいことに継続購入などのしばりがなく、いつでも好きなときに解約することができます。解約方法はとても簡単で、ネット環境があれば可能です。スッキリ通販のWEB会員専用ページでログインし、解約手続きをすれば終了です。電話が苦手な人からすれば、嬉しいかぎりです。

 

お値段はなんと初回は980円(税込)!
通常は3,218円(税込)というから超お得ですよね。
ただし2回目からの購入は2,808円(税込)に切り替わります。でも1カ月でこの値段なら、かなりお手頃価格です。おまけに送料も無料です。

 

それでもやっぱり定期購入は嫌だなと思う人は、なんと電話での受付限定で10日間のお試しサイズもあります。お値段はワンコインの500円(税込)。これなら買いやすいですよね!
さらに良心的なのは、お1人様3袋まで購入ができる点。サプリメントはやっぱり10日くらいでは効果はわからないですし、1カ月は続けて自分に合っているか試したいところです。とにかく気になった人は、まずはシボヘールの公式ホームページにアクセスしてみることをオススメします。

 

もう一つの商品シボガードとは?

「株式会社ハーブ健康本社」で販売されている機能性表示食品には、シボヘールともう1つ、『シボガード』という製品があります。
どちらも中性脂肪に対して効果があるのですが、その違いを理解し、併用すればさらに効率よくダイエットを成功へと導くことができるようです。
以下は、シボヘールとシボガードの特徴を表にまとめたものです。

 

  シボヘール シボガード
主成分 葛の花抽出物 ターミナリアベリリカ抽出物
全成分 還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素 還元パラチノース、ターミナリアベリリカ抽出物/セルロース、ステアリン酸カルシウム、二酸化ケイ素
作用

・中中性脂肪上昇抑制
・体脂肪分解
・脂肪燃焼促進

・血中中性脂肪上昇の抑制
・血糖値上昇の抑制
・抗酸化作用

効果

すでについている体脂肪を減少できる
食後に上がる中性脂肪を抑える

食後に上がる中性脂肪を抑える
臨床結果

12週間服用の結果
@腹部の脂肪:平均-20p2
(内臓脂肪8p2、皮下脂肪13p2)
Aウエスト:平均-9p2
B体重:平均-1.2s

@食事の中性脂肪を50%カット
A8週間摂取し続けた結果、平均10%の体重減

価格

定期購入
初回980円(税込)
2回目以降2,592円(税込)
【通常価格2,970円(税込)】
※いつでも解約可能
※送料無料

定期購入
初回980円(税込)
2回目以降2,808円(税込)
【通常価格3,218円(税込)】
※いつでも解約可能
※送料無料

 

シボヘールとシボガードの違いを簡単に説明すると、シボガードは摂ったばかりの中性脂肪に対して即効性があり、シボヘールは長年体に蓄積されてきた中性脂肪に効果がある遅効性のダイエットサプリだということです。どちらも機能性表示食品なので効果に関しては申し分ありません。ですので、脂っぽい食事が続くときやそのような食べ物が好きな方はシボガードを助っ人として活用し、普段使いにはシボヘールをという二刀流がオススメのようです。

 

さて、みなさんいかがでしたでしょうか?
シボヘールそしてシボガードに興味が出てきた人は、まずは公式ホームページにアクセスすることをオススメします!
みなさんも是非、シボヘール&シボガードで理想のボディを手に入れてくださいね。

 

初回980円!お腹の脂肪を20cu減少させる機能性サプリ「シボヘール」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボヘール」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shiboheru.diet/

 

初回980円!中性脂肪を約53%減少させる機能性サプリ「シボガード」。
↓↓↓ハーブ健康本舗「シボガード」公式サイトはこちら↓↓↓
http://www.shibogado.com/